菊池阿蘇スカイライン

2018年11月8日

今日お泊まりのお客様、阿蘇から菊池へ来られました。「くねくね道だった」との事。県外の、レンタカー。🚘🚘🚘カーナビだと、阿蘇から、地震後の迂回路で、ミルクロードで、大津へ出るルートを、教える事が多いようです。こちらの道は、朝夕は混むこともあり、山道でカーブが多いです。私は、阿蘇に(内牧、一宮)行かれるお客様には、菊池阿蘇スカイラインを通りミルクロードにぬけるルートを教えています。ミルクロードで、阿蘇におりる道は、カーブがありますが、菊池阿蘇スカイラインは、比較的走りやすく、混むこともありません。大津にぬけるよりも、時間も、短く行けます。現在、地震による57号線の工事👷があり、前の大津を通る道より、菊池よりに、トンネルが、掘られています。こちらのトンネルが、開通すると、鞍岳の麓、矢護山から、阿蘇の内牧の手前までカーブなしでつながります。阿蘇までの道は、便利になりますね。先日も、お泊まりのお客様が、高千穂に行くと言われ、道案内をいたしました。地震で、迂回路は通りますが、大津をぬけ南阿蘇へぬけるルート、俵山をぬけて南阿蘇へぬけるルートは、通れます。南阿蘇から、高千穂へは、30分ぐらいでつきます。こちらの、南阿蘇へぬけるルートは、現在、新しい橋のかけかえ中、🚧昔の、橋の手前に工事👷中の橋が見えます。新しい橋がかかると南阿蘇、阿蘇山は、近くなります。地震から、2年半、なかなか交通が戻ったわけではありません。それでも、今年は、菊池渓谷がオープンしたり、57号線から、南阿蘇へぬけるルートが、開通したり、少しずつ、元の状態に戻りつつあります。

話は、変わりますが、菊池阿蘇スカイラインと、ミルクロードの交わる外輪山🗻、見晴らしのいい展望台があります。車をおいて、外輪山の散策もできます。🏞️🏞️🏞️晴れた日は、阿蘇五岳が目の前に見えます。阿蘇五岳は、ちょうど「涅槃像」に見えます。五岳は、根子岳、高岳、中岳、烏帽子岳、杵島岳の総称です。涅槃像と親しまれる阿蘇山、夏は、水田に映る逆さ阿蘇、今頃は雲海が見られます。

雲海は、条件がそろうと見る事ができます。        1  朝晩と日中の急激な温度変化             2  適度な水分があること                3  風のない穏やかな気候

前の日に、雨が降って少し寒い、次の日の朝晴れる、風が吹かない日が雲海が見られる時ですね。🏞️🏞️🏞️