菊池、仏供石のたぼの木🌲

2019年02月12日

今日の、お泊まりのお客様、連泊で、きのうは、朝早くに、旅館を出発されました。朝食を出しながら、お話を聞いてみると、宮崎の野球のキャンプを見に行かれてました。

菊池から、熊本駅に行って、熊本駅から鹿児島中央駅に、新幹線🚄で。鹿児島中央駅から、宮崎まで、在来線で行かれたそうです。宮崎駅から、タクシー🚕で、キャンプに行く途中、タクシーの運転手さんに、聞いて、宮崎から、熊本のバス🚌があるのを知られたそうです。帰りは、バス🚌で、熊本へ。金額も、時間も、乗り換え🚃🔃🚃も、楽だったそうです。車で、移動すると、3時間ちょっとで、着くのですが、電車🚉や、バス🚌では、やはり、時間がかかります。

宮崎は、あちこちで、キャンプがあっているようです。お客様は、巨人を見に行かれてましたが、他のチームも、来ていて、ビックリされてました。

菊池の旭志に、鞍岳という山があります。北外輪山の端になります。この、鞍岳に不思議な木があることを知り、写真を撮りに、鞍岳に行きました。その木🌲は、四季の郷旭志の、ふれあい動物園の横にひっそりと、立っています。地元の人も、知らない人が多いのではないでしょうか。

ふれあい動物園の駐車場に、車を止めて不思議な入り口から、歩きます。

dav

馬頭観音があるので、このような像があるんですね。こちらの入り口を入ります。昔、馬🐴や、牛🐮を、祀った観音堂なので、馬と牛の像があるんですね。

仏供石のたぼの木です。神が宿る木みたいでしょう。なんだか、すごい、木の枝です😲観音堂の前に、石があり、その石に、お供え物をしたので、仏供石というのですね。たぼの木。あまり、聞かない木ですね。霊の宿る木から、たぶの木に、つながり、神社や、お寺に植えられているようです。

それにしても、すごい枝の伸び方です。この一本の木🌲で、まわりは、薄暗いうっそうとした森のよう。まるで、トトロが出てきそうでしょう。

こちらを後に、山道を登ると、鞍岳の山頂近くの駐車場に続きます。本当なら、鞍岳の写真を撮りに、山頂まで行くつもりでしたが、途中、車を離合するのに、バックしていたら、脱輪して、溝にはまってしまいました。山の中に、一人だけ。JAF に、連絡をとり、「今から、車を向かわせます」と、連絡がくるまで、30分。「1時間でつきます」と、言われて、1時間ちょっと。約2時間山の中で、ハラハラ。ようやく、無事に、帰還しました。途中、バイクや、車で通りかかって少しずつ、一緒に待ってくださった方に、そして、助けてくださったJAF のかたに、感謝🙏です。ありがとうございました🙇