菊鹿ワイナリー、相良観音、アイラノトビカズラ

2019年04月26日

ゴールデンウィークに、次男坊が、帰ってくるらしい。
と、長男坊から、ラインが、送られてきました。
なかなか、ラインも、返ってこない。電話も、かけてこない。息子でして、今日まで、まだ、連絡なし。
旦那と、いつものごとく、飛行機に乗る前に、電話する😉📲のかな⁉️と、言うことで、意見が、一致。息子の好きな、菊鹿ワイン🍷を、買いに行こうということになり、菊鹿ワイン🍷まで、買い物に行きました。
私は、三度目ですが、旦那は、初めて。試飲させてもらおうと、ワインの試飲コーナーに行きました。

dav

肥後六花のシリーズは、三杯で、100円。
シャルドネと、スパークリングワイン🍷は、グラスワイン🍸で、300円です。カウンターごしに、従業員の方が、詳しく説明してくださいます。旅館に、出せるワイン🍷がないかと、旦那は、すべて、試飲中です。
菊鹿ワインは、シャルドネが、プラチナ賞を、取っていて、ここの菊鹿の、ワイナリーでしか買えません。また、限定一本です。シャルドネと、赤ワイン🍷、白ワイン🥂をゲットしました。

ワイナリーの、すぐ近くには、相良観音があります。
ちょっとだけ、足を伸ばして、初めて、相良観音に参拝しました。
手水舎には、竜🐲が😲素敵な手水舎ですね💕

dav

階段を上ると、両脇に、仁王様でしょうか。

dav

お寺らしく、お堂の前には、ろうそく立てと、お香立てが、おいてあります。ネコ🐱さんも、境内をお散歩。

安産、子授け、縁結びにご利益があるそうです。
境内の中には、開運の鐘が、ありました。

dav

浄財の箱に、お賽銭を入れて、開運の鐘🔔、ついてみては、いかがでしょうか。
相良観音の境内にも、アイラノトビカズラがありますが、菊鹿ワイナリーの下にも、アイラノトビカズラの生息地があります。少し、早いかな⁉️と、思いましたが、ちょっとだけ、寄り道。
初めて見る、アイラノトビカズラ。不思議な色、そして、香り。紫のような、濃い赤のような、不思議な色です。

アイラノトビカズラは、樹齢1000年と推測される古木です。
毎年、5月、暗い紅紫の大きな花が、ブドウ🍇のように咲きます。香りも、独特です。
優曇華(うどんげ)と、言う花です。
インドの想像上の花で、3000年に、一度その花の咲く時は、立派な王が出現すると、言われています。
また、優曇華の花の開花は珍しく、花が咲くと、火事や、病人がでると言われてましたが、今では、毎年咲きます。国の天然記念物で、日本に、相良、長崎、天草にあるそうです。