御松囃子御能

2018年10月13日

南北朝時代に、征西将軍懐良親王が植えられた将軍木を、親王に見立てて松囃子が奉納されます。650年の間途絶えることなく奉納されています。

懐良親王を、菊池にお迎えした時にはじめられた天下泰平を祈願する神事です。