菊池の遊び豚調理しました🐷

2018年12月5日

先日買ったワイン🍷にあわせて、豚肉🍖の料理を作りました。Fb で、お友達のやまあい村の、遊び豚を、ママトコキッチンで、ゲット🎀手間をかけて育てた豚🐷さん、低温調理で、時間をかけて調理しました。60分で、6時間低温で加熱し、表面をさっと焼いて、バルサミコ酢で作ったソースをかけてできあがりです。野菜もソテーして、できあがりです💕甘味があっておいしい豚🐷肉🍗でした。きのう買ったワイン🍷と一緒においしくいただきました。

dav

低温調理に、まず私がはまりました。火の入れ方でお肉は、全く違う食感になります。たんぱく質が変性、凝固する温度に注目した調理方法です。肉や魚のたんぱく質を含む食材を、凝固する温度(55~68度)より、低い温度で長時間加熱します。焼きすぎてパサパサ、中心部が生やけなどといった事がありません。我が家では、温度を一定に保つ、調理器具を使ってます。温度の設定は、60度、牛🐮は、90分。鳥🐔はま60分、豚🐷は、3~6時間て、ブロック肉の調理ができます。私は、牛と豚は、表面を焼きます。ただし、肉の厚さを見て時間は、考慮してくださいね。我が家で、大活躍の低温調理の器具です。

sdr

こちらの器具、調理の温度を一定に保つことができるので、低温調理に限らず、温泉卵や、ヨーグルト、甘酒作りにも便利ですね。今までは、よくガスコンロで、温泉卵を作ってましたが、温度計とにらめっこ🙄片時も、離れられませんでしたが、卵いれっぱなしでいいので、とても助かります。温泉卵は、67度30分で温泉卵ができます。甘酒は、60度で6~8時間でできます。甘酒は、もちごめ、白米、玄米をお粥にたいて、こうじと一緒に入れるだけです。ヨーグルトは種類によって時間が違いますが、私は、インフルエンザのはやるこの季節には、R1 ヨーグルトを使ってます。43度で6~7時間でできます。牛乳🐮一本と、ヨーグルト1個を混ぜてほっておくだけです。フランス料理では、よく使われている器具みたいです。今は、料理を科学する本もたくさんでていて、とても、理解しやすく説明してあります。火の入れ方も、昔は、職人の感でしたが、今では、科学的に、料理器具を使ってつくれば、均一な仕上がりになりますね。天ぷらも、我が家では、天ぷら鍋🍲で、ガスコンロで、あげていますが、フライヤーで、温度管理して、均一にあげているところが多いですね。流行りの料理は、まず、試してみたい我が家、試行錯誤して料理作ってます。