内臓のむくみは、温泉♨️いいですよ

2019年07月10日

むくみは体の内側にも出る症状だと知ってますか〰️😃
飲みすぎや食べすぎによって、内臓がむくみ、体調不良を引き起こしている可能性もあるそうです。日々の生活習慣を少し見直せば、諦めていた不調からも解放されるかもしれませんね。

体内臓器にもむくみがある? その息切れ、胃のむくみかも!

「ちょっと運動すると、すぐゼイゼイと荒い呼吸、または変な音の呼吸になる人、要注意です。胃がむくんでいる可能性がありますよ。呼吸器疾患だから、肺だけが原因と考えていると大間違い。胃のむくみから肺や気管支に影響を与えることもあります。胃もたれが多くなってきたり、口内炎が出来てきたら、胃のむくみのサインです」

1.胃のむくみ

解消法 1: 軽い運動から始めてみて
「あまり呼吸が乱れないウォーキングやヨガから運動を始めてみましょう。少しずつ呼吸が楽になってくるはず。軽いジョギングを続けると呼吸によって、胃におきているむくみを吐き出しむくみも取れるはず」

解消法 2: プチ断食
「食べ過ぎ飲みすぎで、胃がむくんでしまっている人、意外と多いです。栄養過多なんですよね。そんな人は一日のプチ断食を試してみてください。普段からも食べ過ぎた次の日には朝食を抜いても構いません。溜め込み過ぎないようにしてみましょう」

2.肝臓からのむくみ

「肝臓や心臓からの血液循環が悪くなってむくんでしまうタイプですね。お腹まわりが冷えて、それによって足の血流が悪くなる。冷え性の人はむくみから来ている場合が多いです。肌表面がそこまで乾燥していなくて、しっとり、ひんやりしている人に多いタイプ」

解消法 1: 氷の入った飲み物をやめましょう
「外食していると、まずでてくる氷水。日本人はキンキンに冷えた水を飲むのが当たり前になっていますが、まずこれをやめましょう。どうしても冷たすぎる飲み物は口も麻痺して、飲みすぎてしまうこともあります。冷たい飲み物を頼む時も、「氷は抜いてください」がオススメです」

解消法2:これからの季節も、お風呂に浸かる習慣を!
「これからはシャワーだけで済ましてしまう人が多くなると思いますが、ぜひ毎日お風呂に浸かってください。しっかりと汗をかくまで温まって、できれば本を読みながらなどの“ながら風呂”ではなく、足首を回す、お腹周りを軽くマッサージする、など自分のカラダをメンテナンスする時間にしてみて。血行は少しの工夫ですぐにアップしますが、やめてしまうとまたすぐに戻ってしまうもの。毎日、地道にケアしましょう」