菊池温泉 城乃井旅館

菊池旅館

門松🎍ができました

2019年12月26日

門松は、 1年の幸福をもたらしてくれる神様に、家に来てもらうための 目印です。

お正月にやってくる、 歳神様が 迷わず 家に来てくださる目印となります。

また、年神様が降りて来られた後 、門松の松に宿るとも言われています。

松、竹、梅 、南天、 杉の葉、葉牡丹 、しめ飾り 、が主な材料です。

松は、一年中葉を落とさない常緑樹として知られており永遠の命を意味するものです。 古代より、 土地神様が宿る神聖な木として、長寿のシンボルとして使われます。

竹は 、とても成長が早く、 2〰️3日で 身の丈になり 、まっすぐに伸びることから、 生命力を象徴しています 。また、長寿であることから、 長寿 、繁栄の象徴とされています。

梅は、 寒さに強く、 一年で最も早く花が咲く 花です。 新春一年の始まりを意味するものとして、 また 、実をつけることで大変縁起の良いものとされてきました。

南天は、難を転じるに通じる、縁起物として、 正月飾りなどに用いられるようになりました。

葉牡丹は、花の少ない晩秋から冬にかけて、鮮やかな葉の色で楽しませてくれる 草花で、幾重にも重なり合う葉が吉字を重ねる とされ ています 。

門松の 、飾り始めは 12月 13日 それ以降であれば良いとされています。 今では 12月26日から 30日の間に飾ることが多いようです 。

12月31日に飾るのは、 一夜飾り と呼ばれ 縁起が悪いものとされています。 また、12月29日も 、あまり良くないようです。

門松の 飾りをするのは お正月の松の内 1月7日 までが多いようです。

三本の松を立てますが それぞれの長さは 7対5対3になっています。2で割り切れない、 縁起物の比率です。

門松の人に巻く、 荒縄は 、上が、7回。中が、5回。下が、3回 です 。

一番長い竹、7回巻いた荒縄は、男を意味します。

一番短い竹、3回巻いた荒縄は、女を意味します。

真ん中の竹、5回巻いた荒縄は、仲を取り持つという意味があります。

たけは削ぎ切りしてあります 。その切り口が、笑っているように見えることから、 笑う門には福来るという意味 オスとメスで 一対になっています。

左右の門松は 、少しずつ変わっており 、雄松、雌松 。松の種類がちがいます。男雛、女雛、 葉牡丹も、白と紫 があります。雄雌、一対。陰陽一対になっています。

旅館では、古き伝統を守っています。

   城乃井旅館 KIKUCHI ONSEN    
〒861-1131 熊本県菊池市隈府1375
   

TEL:0968-25-1188
FAX:0968-25-1189

   

お電話は夜10時まで翌朝7時からの対応になります。

お車でお越しのお客様
植木インター~国道3号線~豊田交差点右折~剣道53号線(所要時間 約20分)
熊本市内~国道3号線~飛田バイパス/国道387号線~(所要時間 約50分) 
JRでお越しのお客様
熊本駅~熊本電鉄バス・菊池温泉行き~市民広場前下車~徒歩5分(所要時間 約70分)
飛行機でお越しのお客様
阿蘇くまもと空港~タクシー(所要時間 約30分)

トップへ戻る

-->